私は肌は元々白い方でしたが、日に焼けるとすぐ黒くなってしまうタイプでした。

学生の頃は顔にシミやほくろが全くなく、ほくろは口の横の一カ所だけでした。

周りの友達の中には、しみやそばかすがひどくてコンシーラーなどで隠している子もいました。

そんな子たちをみて、大変なんだなとしか思っていなかった私ですが、二十歳をすぎてからシミができてしまいました。

前までは、シミなどもなかったのでお化粧するときもすごく簡単で、ファンデーションなど薄く塗る程度ですんでいました。

しかし、シミができてからはすごく気になってしまい、シミがある部分は濃いめに塗って目立たなくする努力ばっかしています。

シミができるのが、まさかこんなにもショックなこととは思ってもいませんでした。

シミができてから、ビタミンをたくさんとったり、いつもより化粧水をたっぷりつかっています。

シミができたと職場の人に相談をしたら、ビタミンをたくさんとった方がいいわよと言われ、それを信じて続けています。

また、シミができた24歳の時からお出かけの際は日傘を差して、少しでも紫外線を浴びないように気をつけています。

そのおかげなのか、シミは全く増えていません。若いからと言って、海や山にいってたくさん日を浴びたりしてもまったく肌に影響がないわけではありません。

若いときだからこそケアしていくことで、シミをつくらない、つくりにくい肌にできるのではないかと思います。